腹腔鏡下手術の主な特徴に関して

近頃では、開腹手術とは異なり、小さい傷で手術を実施する腹腔鏡下手術が色々な手術に採用されるようになっています。
腹腔鏡下手術とは旧来の開腹手術法と対比すると、小さい傷で手術を実施するため傷そのものが目に付きにくいという独自色があります。
そして、入院生活が短く、術後の回復自体がスピーディーで、社会復帰が迅速というアドバンテージがあります。
それに対して、小さい傷から色々な機器活用して手術を実施するため、セーフティーな手術を実行するためには腹腔鏡下手術に高水準のスキルを要します。
さらに特徴的な合併症が引き起こされる可能性もあることを理解しておく必要があります。
手術は、直径10mm位の長いカメラを臍部側より腹腔内に取り込み、テレビモニターに画像を映し、そのモニターをチェックして実施する手術になります。
カメラを臓器近くによせることを通して、小さい病変をモニターに映せるので、事細かに観察することができます。
開腹手術では視認できない、小さい病変に対し効果的なケアができます。