腹腔鏡下手術のメリットとウイークポイント

腹腔鏡下手術のメリットにつきましては傷そのものが小さいことがあげられます。
傷が非常に小さい事は、 痛みが軽く手術した後早く歩行ができます。
また、胃腸の復調がスピーディーで、食事に関しても迅速にスタートすることができます。

当然、速く退院することができ仕事に戻れます。
加えて美容面で優れていて年が若い女性の方に適しています。

切らない手術という形でいまではあらゆる国に拡がった手術になります。
腹腔鏡下手術のウイークポイントは手技的に困難であることです。
その背景として 手を腹腔に入れることできないことから糸によって縫合する事が難しいといえ、人の指等のような触覚が一切無いことです。
また、基本的に見える方向性が一方向で、見えるエリアが限られています。

そして、人は通常の場合2つの目を持ちつつ立体的に物を見ますが、腹腔鏡につきましてはTVと同様3次元ではないといえます。
さらに、腹腔に入れることができる手術機械に制限があることがあげられます。